倉敷東学区社会福祉協議会について​
 

倉敷東学区は高齢化率が平均25%以上、地域によっては40%以上と、倉敷市全体の平均よりも高い地域です。学区内では各種団体がすでに活発に各種活動をされておりますが、その取り組みの中で「高齢の方々だけではなく、子育て中の母親や子供さん達に対しても、必要なところに福祉の手が届いていないのではないか」との声が上がっていました。

 

そこで、これまでのコミュニティ活動の経験と社会資源を生かし、高齢者に限定することなく地区内の福祉問題を解決するため、そして誰もが安心して暮らせる東学区を作るためには地区社協の設立が望ましいとのご意見を基に平成25年5月に設立されました(倉敷地区にある19の小学校区のうちの11番目)。

 

既存の各種活動を通じて地域が抱える問題を掘り起こし、地域の福祉向上に結び付けるためにも、地区の皆さまから親しまれ頼りがいのある地区社協を目指して努力致しますので、どうぞ皆様ご支援とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

なお、お困りごとのご相談は下記「相談窓口一覧表」記載の各窓口にご連絡ください。秘密は守られます。

 

令和3年度(2021年度)事業計画

 

年間事業

1.倉敷東小地域ケア会議 (年 6回 偶数月)

   地域に即した高齢者等の支援体制の調整と推進。地域の困りごと情報の収集と課題解決のための意見交換。

 

2.機関誌発行 (年 2回 8月、1月)

  倉敷東学区社会福祉協議会の活動やサロンの紹介。   (2300部×2回) 

 

3.e-コミュニティ部会 (毎月第1、第3土曜日及び随時)

   東町での駄菓子屋の開催、倉敷中央看護専門学校学生の地域活動支援

4.福祉教室 (年 2回)

   健康料理教室の実施、年賀状を通じての地域の子ども・中年層及び高齢者の交流を図る。

 

5.子ども応援事業 (随時)

   子どもに関する関係機関と定例的に会議を開催し、子どもに関する情報を発信する

 

メニュー事業

1.歳末助け合い活動 (12~1月予定  )

   餅つき、世代間交流や要援護者支援を視野に独居高齢者及び母子などに手作り品等の配布を行う

2.高齢者ふれあい事業 (毎月)

   学区6ケ所のサロン運営。体操・歌・映画・手芸等で学区住民の交流の場づくり。

 

3.福祉講演会の開催 (年 2回)

   コロナ禍でも楽しく過ごせるような医療福祉関連の講演会開催

 

4.3世代交流活動 ふれあいウォーキング

   コロナの中でも、安心安全に楽しめるウォーキング実施

 

5.地域の防災力強化(年 数回)

   学区内の防災士を中心に、防災グッズの準備状況把握や避難訓練実施

 
リンク